純金積立 3000円

毎月3000円積み立てした場合の純金積立の手数料比較

 純金積立は3000円が最低投資金額のところが多く、この金額だと、いろいろな業者を選ぶことができます。手数料だけを見ると無料の会社に眼が行きがちですが、年会費部分がコストを圧迫します。

 結果として、年会費を含めて1年間のシュミレーションをしてみると下記のようになり、1000円同様に楽天証券が有利になります。

会社名 購入手数料 年会費 合計コスト
マネックス証券 3000X12X2.7%=972円 無料 972円
楽天証券 3000X12X2.7%=972円 無料 972円
KOYO証券 無料 1500円 1500円
三菱マテリアル 3000X12X3%=1080円 864円 1944円
田中貴金属 3000X12X3.5%=1260円 0円 1260円
人気ランキング第1位
マネックス証券
初心者におすすめ、手数料も安い

マネックス証券 マネックス証券と楽天証券は、サービス的に違いがないので、ともに1位としました。3000円程度までのなら、年間のトータルが安くなります。

 少額からの投資向きの会社です。

年会費
無料
購入手数料
2.7%
最低投資金額
毎月1000円~
人気ランキング第1位
楽天証券
初心者におすすめ、手数料も安い

楽天証券 楽天証券の純金積立は初心者にぴったりのサービスです。1000円から積み立てをスタートできるほか、年会費無料で手数料も安いので、3000円程度までなら年間のトータルコストが最安となります。

 金だけでなく、銀、プラチナの積み立て投資も可能です。

年会費
無料
購入手数料
2.7%
最低投資金額
毎月1000円~
人気ランキング第3位
KOYO証券
年会費のみで購入手数料無料!たくさん積み立てるならココ!

KOYO証券 なじみのない会社かもしれませんが、購入手数料無料と5000円以上積み立てるなら一番コストが安い会社がKOYO証券です。

 純金積立の仕組みが年会費のみのシンプル設計、費用も1500円だけなので、5000円、1万円とたくさん積み立てても一番安く積み立てをすることが可能です。

年会費
1500円
購入手数料
無料
最低投資金額
毎月3000円~
投資金額別
1000円
3000円
5000円
10000円
純金積立ができる会社
楽天証券
KOYO証券
田中貴金属
純金積立について
純金積立が人気の理由
純金積立のコスト