純金積立 手数料

ゴールド 金投資が人気となっています。世界的な不況の影響もあり、実物資産にお金が流れていることもあり、金価格は上昇トレンドを描いています。
 金投資の中でも最低1000円程度から始めることが可能な純金積立はトクに人気で、20代、30代の若い世代にも投資のポートフォリアの一つとして組み込まれているようです。

 純金積立をする上では、どこの会社で投資をすればいいか悩むところですが、投資対象が同じ金ということもあり、比較対象となるのは、投資コストである手数料くらいになります。

 ただ、手数料についても、年会費があったり、金額ごとに手数料体系が異なったりで、実際にどこが有利かわかりにくくなっています。そこで、金額ごとに純金積立の手数料を比較しました。
 このサイトを通じて、自分の投資スタイルにあった会社を見つけていただければと思います。

純金積立の手数料比較

 下記の表は、純金積立ができる会社別にコストとなる手数料、年会費にプラスして投資金額をまとめた表です。
 手数料だけを見るとKOYO証券が有利に思えますが、年会費を加味するとそうでもなかったり、投資金額で手数料が変るところもあるので、しっかりシュミレーションする必要があります。

会社名 投資金額 購入手数料 年会費
マネックス証券 1000円~
1000円単位
または1g単位
購入代金の2.7%(税込み) 無料
楽天証券 1000円~
1000円単位
購入代金の2.7%(税込み) 無料
KOYO証券 3000円~
1000円単位
無料 年会費1500円(税込み)
田中貴金属 1000円~
1000円単位
購入代金の1.5~5.0% 無料
三菱マテリアル 3000円~
1000円単位
1000円につき30円
月1万円以上25円
864円
投資金額別
1000円
3000円
5000円
10000円
純金積立ができる会社
楽天証券
KOYO証券
田中貴金属
純金積立について
純金積立が人気の理由
純金積立のコスト